株式会社 天龍

ホームへ戻る


会社沿革


企業理念
会社概要
会社沿革
アクセス・ご案内図
環境への取り組み
採用情報


創業の経緯とロマン

創業者先代社長が生涯釣竿一筋の心意気で、飯田市鼎下茶屋に塩澤製作所を立ち上げました。以来、常に商品開発の追及を念頭に、素材の開発・技術の蓄積・機械設備の拡充に努めてまいりました。当時、天龍の六角竿は一世を風靡し空前のヒット商品となり海外にまで達しました。その釣竿で得た技術をもって、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みして多角的な商品に取り組んでおります。
1961年 6月 六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立
1963年 3月 飯田市駄科715−2へ工場新設、移転

5月 グラスファイバー釣竿の素材生産開始
1964年 12月 個人経営より有限会社天龍釣竿製作所に改組
1969年 4月 本社・工場を飯田市鼎下山243番地へ用地取得、新設、移転
1970年 3月 米国の釣具メーカーと提携、日本初のバスロッドを自社ブランドで発売
1971年 6月 輸出貢献企業として通産大臣表彰を受ける

7月 輸出貢献企業として長野県知事表彰を受ける
1974年 10月 中高齢者職業厚生企業として長野県知事表彰を受ける
1975年 3月 飯田市毛賀207番地へ用地取得 ポリエステルロッド専門工場新設
1977年 3月 KENCOR SPORTSINC.CA.USAへ資本参加米国販路開拓と生産技術開拓
1978年 1月 カーボンロッド本格生産開始

3月 ゴルフシャフト本格生産アッセンブリー関始
1979年 1月 毛賀工場を長尺竿(業務用一本釣)専門工場として生産設備導入
1982年 4月 S.M.C(強化プラスチック)成型、塗装、加工事業導入(50t,100t,150t,200tプレス)
1983年 1月 釣具業界初のファッショナブル カラーロッド生産開始
1983年 6月 S.M.C成型用130t,300tプレス導入
1988年 9月 飯田市長野原700−42へ本社工場新築移転
1989年 7月 S.M.C成型用300tプレス導入
1990年 6月 株式会社 天龍に社名変更及び改組
2000年 6月 塩澤直人 社長就任
2002年 12月 シンガポールの商社とエージェント契約(自社ブランド販売)
2003年 1月 フランスの商社とエージェント契約(自社ブランド販売)
2006年 10月 ロシアの商社とエージェント契約(自社ブランド販売)
株式会社 天龍
〒399-2562 長野県飯田市長野原700-42
TEL:0265-26-7550 釣具専用:0265-26-8880 FAX:0265-26-7570 E-mail:info@tenryu-magna.com
© 2016 Tenryu Corporation. All Rights Reserved.